鑑賞プロジェクトチーム、始動。

日時 2015年7月27日(月)
場所 トーリン美術予備校 秋葉原校
指導 NPO 法人ARDA 小口弘史氏・近藤乃梨子氏

東京という環境をいかしてできることは何か。美術館、企業と連携し、鑑賞教育を進めることができるのではないかと考え、今春、『鑑賞プロジェクト』を立ち上げました。
美工研の会員が鑑賞教育の指導技術を上げることを目的とし、現在の最終的な目標は「教員ではなく、高校生がファシリテーターとなり小中学生に指導すること」です。

その第一歩として、第一回実技研修『鑑賞教育』を行いました。
申し込み希望が定員を大幅に超え、皆さんの鑑賞教育への関心の高さが伺えました。
DSC_0137

今回は、アートカードによる指導技術を体験。グループごとに熱心に話し合い、授業での実践について検討しました。
DSC_0134DSC_0112

「楽しかったです」「またやりたいです」との声も多く、2学期以降、授業で実践してくださるという方々もいらっしゃいました。
「アートには生きる力を育む力がある。」という小口氏の言葉が多くの場で実現される事を望みます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.