第4回研究協議会レポート

日時: 平成27年2月20日(金)16:30~19:00
会場: 九段中等教育学校 
内容: 研究協議 「小・中・高の評価を理解し、連携に生かす」
講師: 南島 隆先生(千代田区立富士見小学校)
    志手 伸圭先生(足立区立渕江中学校)
    杉浦 裕二先生(都立神代高等学校)

教室内に小・中・高の生徒の作品が並べられ、評価をするという貴重な体験をしました。
他校種の作品について考えるのは難しかったです。
DSC_1954DSC_1955

その後、各講師からの解説。
子どもの発達段階に応じて課題を設定されており、活きいきと制作をする子ども達の様子が伝わってきました。
DSC_1963DSC_1967DSC_1968DSC_1970

図工の教科書も各社用意されており、興味深く拝見しました。
「ここには、現代美術が詰まっている。高校の先生にもきっと役に立ちます」という南島先生のお言葉が印象的でした。
DSC_1957

コメントを残す

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.